男典韋、曹操のヤリ部屋を守って無事死亡

1: 風吹けば名無し 2020/04/15(水) 14:39:07.37 ID:TeZsJ7nZ0
ええんか

2: 風吹けば名無し 2020/04/15(水) 14:39:40.38 ID:zxqESlW/a
十歩です!

3: 風吹けば名無し 2020/04/15(水) 14:39:50.27 ID:pAUWwsa50
ついでに長男も死亡

曹昂は父を無事に逃すため、自らの馬を差し出した。このため曹操は無事に逃れる事ができたといわれる。一方の曹昂は張繍軍の攻撃を受け、曹安民や典韋らとともに戦死した。

曹昂 – Wikipedia

4: 風吹けば名無し 2020/04/15(水) 14:40:06.02 ID:dA1ytUQE0
えっちだいすきだから仕方ない

曹操は張繍の叔父である張済の未亡人を妾としたが、そのことに張繍が腹を立てていると知って彼の殺害を考えるも、事前にそれを察知した張繍に先制され、敗れる。(中略)この敗戦で長男の曹昂と弟の子の曹安民と忠臣の典韋を失った。

曹操 – Wikipedia

5: 風吹けば名無し 2020/04/15(水) 14:40:26.40 ID:TeZsJ7nZ0
曹カスさぁ・・・

7: 風吹けば名無し 2020/04/15(水) 14:41:07.08 ID:TeZsJ7nZ0
なお曹カスは逃げた模様

8: 風吹けば名無し 2020/04/15(水) 14:41:49.75 ID:jJM+z1gZ0
子孫を残すのも首領の務めよ

10: 風吹けば名無し 2020/04/15(水) 14:42:21.07 ID:TeZsJ7nZ0
>>8
子供死んでるんですが大丈夫でしょうか

9: 風吹けば名無し 2020/04/15(水) 14:42:01.19 ID:pAUWwsa50
でもその後カクを許す器の広さを見せたよね

張繍は賈詡の計略に従い、張繍軍が曹操軍の陣営を通過する許可を曹操にもらった後、曹操軍を奇襲して大いに打ち破り、曹昂・典韋を戦死させた。(中略)賈詡は曹操の上奏により執金吾に、次いで冀州牧・参司空軍事に任じられ、以後は曹操の参謀として働いた。

賈ク – Wikipedia

11: 風吹けば名無し 2020/04/15(水) 14:43:27.61 ID:VsbBvfR60
あれ典韋ってそんなとこで死ぬんだっけ?

15: 風吹けば名無し 2020/04/15(水) 14:44:22.35 ID:pAUWwsa50
>>11
せやで 生涯を通して主君を守り抜いた許褚とは”格”が違うんや

12: 風吹けば名無し 2020/04/15(水) 14:44:15.93 ID:bjO0M3NEM
典韋って誰だっけデブだっけ?

13: 風吹けば名無し 2020/04/15(水) 14:44:16.74 ID:JG4zWtFk0
十歩の距離まで近づいたら言えってそんなの自分でわかるよな

14: 風吹けば名無し 2020/04/15(水) 14:44:20.29 ID:2wtahIWtM
ヨッメブチ切れで草

事あるごとに「私の子を殺しておきながら、平気な顔をしているとは」と曹操に言っては、節度もなく号泣した。(略)曹操は丁夫人を愛していたため、里に帰して丁夫人の気持ちが収まるのを待った。しばらくして曹操は丁夫人の家まで行き、謝して宥め、共に帰るように促した。しかし丁夫人がこれを拒んだため、二人はそのまま離縁することとなった。

丁夫人 – Wikipedia

16: 風吹けば名無し 2020/04/15(水) 14:45:16.69 ID:GuzF5/j4d
嫡男と親戚は無事死亡した模様
嫁さんは怒りで実家へ戻る

引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1586929147/

彡(゚)(゚)<曹操の初期のボディーガードって言ったら「悪来」典韋さんなんや・・・
彡(-)(-)<自分の寝食の時も曹操を守る番人として仕えとったんやが、食事に毒盛られて大勢でかかられたらさすがに殺されてもうたんや・・・

彡(゚)(゚)<丁夫人も表面だけ聞くとちょっとヒステリーな感じを受けるかもしれんのやが、丁夫人ていうのは子供ができなかったから亡くなった前夫人の子供の曹昂を溺愛しとったんや。

彡(゚)(゚)<ところで曹操がハマったこの未亡人についてなんやが、本当は名前とかわかってないんや。
彡(゚)(゚)<ところが光栄三国志では「鄒氏」っていう名前がついとる。これに関しては「貂蝉」と同じようなものと思ってええと思うで。

彡(^)(^)<ミステリアスな感じでエロいよな!
彡(^)(^)<光栄三国志の鄒氏は見た目良くて声エロくてワイ、スチやで!

タイトルとURLをコピーしました